吹田エリアで不動産買取のことなら吹田不動産買取センターへ! > 吹田不動産買取センターのスタッフブログ記事一覧 > 箕面市牧落駅周辺における不動産売却について

箕面市牧落駅周辺における不動産売却について

≪ 前へ|吹田市の山田駅周辺の不動産売却!住みやすさや相場などについても解説   記事一覧   大阪府吹田市の南千里駅周辺における不動産売却について|次へ ≫
カテゴリ:箕面市のこと

箕面市牧落駅周辺における不動産売却について

不動産売却をおこなう際には、その売りに出す不動産があるエリアについて知っておく必要があります。
もし、売主がすでに住んでいた地域だとどのようなエリアなのか知っているかもしれませんが、相続などで所有することになった物件などの場合には、ゆかりのない地域について調べるのは大変ですよね。
今回は箕面市牧落駅周辺について、アクセスや住環境から地価に至るまでをご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

箕面市の牧落駅周辺のアクセス

箕面市の牧落駅周辺のアクセス

まず、その物件がどのような層に対して需要があるのかを知るためにも、他の主要駅などへのアクセスの良さは非常に重要なポイントになりますよね。
どの駅にアクセスしやすいのかによって、その街に住むかどうかにも大きく影響してきますので、駅から近いということを売り文句として売却をおこなう場合には、必ず知っておくべき点であると言えます。
それでは、牧落駅周辺の鉄道によるアクセスについてご紹介していきます。
牧落駅に乗り入れている路線は、阪急箕面線と呼ばれる全部で4駅しかない小さな路線で、ターミナル駅は石橋阪大駅前となります。
そのため、乗り換えをする場合にも基本的に石橋阪大駅前にいくことになりますが、主要駅である大阪駅までは24分、新幹線が乗り入れている新大阪の駅までは乗り換え2回で38分ほどでアクセス可能です。
主要駅まで圧倒的に近いエリアと比べると若干距離があり、その分駅周辺自体も落ち着いていますので、電車を利用して通勤する方で、賑わいの多い地域は好まないという方には人気のある地域であると言えるでしょう。
また、至近距離ではないとしても、乗り換えることで主要エリアへのアクセスはできますので十分に駅近のメリットを多く感じられる地域として考えられます。
また、牧落駅は、箕面市の市役所の最寄駅となっていますので、何かあったときにはすぐにいくことができるという点もポイントとして売却時にアピールすることができるでしょう。

おすすめ物件情報|箕面市の物件一覧

箕面市牧落駅周辺の住環境について

箕面市牧落駅周辺の住環境について

ここまでは主に主要駅までの電車によるアクセスなどについて触れてきましたが、鉄道アクセス以外にも、その街の住みやすさを図ることができる要素はあります。
まず、住環境を図るうえで決して避けては通れないのが、買い物スポットの有無でしょう。
飲食店や、衣類の買い物などの場合、主要駅に出てからでもできるという場合でも、徒歩圏内に日用品や食品などを購入するスーパーマーケットやドラッグストアなどがないと生活が不便になってしまいますよね。
メジャーなスーパーマーケットとして、箕面駅周辺にはライフ箕面店と北乃屋箕面店といった主要な店舗が構えていますので、必要なときにすぐに買い物することができます。
また複数店舗があることで、価格や品ぞろえなどを確認したうえで比較することができる点も大きなメリットであると言えるでしょう。
また、業務用スーパー「TAKENOKO」や、「MEGAドンキホーテ」などの量販店もあり、用途に合わせてどこで買い物をするのか選ぶことができる上、生活必需品の調達は比較的しやすいエリアです。
スーパーの他にも、駅周辺にはドラッグストアが一軒あるほか、ローソンやファミリーマートといったコンビニエンスストアもありますので、基本的には不自由なく買い物をすることができるでしょう。

用途地域

ここからは、この駅周辺の住環境をさらに深掘りして知っておくために、把握しておくべき用途地域についてご紹介していきます。
用途地域とは、市区町村で定められた区画ごとに決められているその地域の種類のことで、5年ごとに更新されています。
ただその地域がどのようなエリアを指すのかを分類するだけではなく、街の景観を保ったり、活性化するために定められていますので、この用途地域で定められた範囲を超える建物の建築は認められていません。
そのため、土地を売る場合などにどういった目的でその土地を使ってもらうのかのイメージを沸かせるためにも、この用途地域を把握しておくことは非常に大切なポイントとなります。
まず、この牧落駅周辺の用途地域は場所ごとに3種類に分けられますので、それぞれの地域の特徴について触れながらご紹介していきます。
まず、駅を出てすぐとなる小さな範囲の地域は、近隣商業地域という用途地域に分類されます。
近隣商業地域とは、建築基準法では「近隣に居住する住人に対する日用品の供給を主な目的とした商業とその他の業務の利便を増進するため」に設定されています。
そのため、飲食店や大型商業施設というよりは、あくまでも日用品を不自由なく供給するための施設を建築することが推奨されている地域であるということがわかります。
名前に「商業」という言葉が入っているとイメージは栄えた街を想像するかもしれません。
大きな商業施設などを推奨する用途地域には商業地域というまた別の種類のものがありますので、また違う種類だと認識しておきましょう。
次に、駅周辺のどちら側かによって2種類に分けられるのが第一種低層住居専用地域と、第一種中高層住居専用地域になります。
この2つは名前のとおり、住宅地に向けて設定された用途地域です。
それに対して、第一種低層住居専用地域の場合には、建物の高さは10mから12m以内という制限がありますので、基本的には一戸建てが多くなります。
具体的な違いとして、まず第一種中高層住居地域の場合には、一戸建てや高層マンションなどの集合住宅の他に、500㎡以内の飲食店や学校、施設を建設することができます。
さらに住居以外にも、小規模な事務所や施設などは建設できますので、建物の高さだけ守ればそこまで制限の多い種類として考える必要はないでしょう。

おすすめ物件情報|箕面市の物件一覧

箕面市牧落駅周辺の不動産相場について

箕面市牧落駅周辺の不動産相場について

不動産売却の際には、その売却価格を決めるにあたって、物件の評価額を確認したり専門家の査定を受けることが一般的とされていますが、それと同じくらい重要なのが地価動向を確認することです。
公示地価は毎年更新される国土交通省によって設定されるその地域の土地の価値ですが、この地価を確認することで、売りたい物件の周辺地域の相場を知ることができます。
牧落駅の最新の地価が以下になります。

●地価総平均 22万6666円/㎡
●坪単価 74万9311円/坪
●変動率 1.60%上昇


※上記の数字は箕面市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考:​​//tochidai.info/area/makiochi/
また、マンションを売りに出したい場合には、周辺の類似物件の情報を調べることで相場を知ることができますが、直近3年間の中古マンションの価格は約10%ほど上昇しています。
大阪府自体の変動が過去3年間で12%上昇しているのに対して若干下回る推移にはなりますが、確実に価値が上がっていることがわかります。
地価動向からも確認することができますが、近年上昇傾向にある同エリアの物件ですので、今後の動きにも注目しながらどのタイミングで売りに出すかを調整していくことが大切です。

おすすめ物件情報|箕面市の物件一覧

まとめ

箕面市の牧落駅周辺の不動産売却において必要な基本情報をまとめてきました。
このエリアに関わらず、物件の周辺情報を抑えておくことは売却における一番最初かつ最重要なステップとも言えますので、必ず忘れずに確認しておくようにしましょう。
北摂エリアで不動産買取に関するお悩みの方は、私たち吹田不動産買取センターお任せください。
お客様に最大限ご満足いただけるようサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|吹田市の山田駅周辺の不動産売却!住みやすさや相場などについても解説   記事一覧   大阪府吹田市の南千里駅周辺における不動産売却について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

處 浩之 最新記事



處 浩之

地元吹田で37年の実績があります。吹田での物件探しは是非当社で!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る