吹田エリアで不動産買取のことなら吹田不動産買取センターへ! > 吹田不動産買取センターのスタッフブログ記事一覧 > 大阪府箕面市の桜ヶ丘周辺の不動産売却!街並み・アクセス・地価を解説

大阪府箕面市の桜ヶ丘周辺の不動産売却!街並み・アクセス・地価を解説

≪ 前へ|池田市池田駅での不動産売却!特徴や地価動向をご紹介   記事一覧   離婚協議中に共有持分の売却はできる?注意点やリスクを解説|次へ ≫
カテゴリ:箕面市のこと

大阪府箕面市の桜ヶ丘周辺の不動産売却!街並み・アクセス・地価を解説

不動産売却には不動産自身の状態だけでなく、街並み、アクセス、地価なども深く関わってきます。
ですので、不動産売却を効果的におこなっていきたいのであれば、これらについても確認しておくことが必要です。
そこで、本記事では箕面市桜ヶ丘周辺の街並み、アクセス、地価について解説します。
箕面市桜ヶ丘で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にどう影響する?箕面市桜ヶ丘の街並み

不動産売却にどう影響する?箕面市桜ヶ丘の街並み

街並みは不動産を購入したあとの生活の満足感に深く関わってきます。
そのため、不動産周辺の街並みが良いものであると不動産売却額は自然と高くなるのです。
街並みと不動産売却はこのように関わりあっていることを確認し、箕面市桜ヶ丘周辺の街並みについて確認してみましょう。

箕面市桜ヶ丘の街並み

箕面市の桜ヶ丘は、阪急箕面線の北西方向にあるエリアです。
地形は南斜面の丘陵地であるため、比較的坂道が多くなっています。
街を実際に歩いてみると比較的閑静であり、快適な生活を送ることが可能です。
道路の幅は狭いところもありますが、基本的には区画が整理されているため、自動車の運転もストレスなくおこなえます。
不動産は50坪~60坪ほどの一戸建てが多くみられるため、一人暮らしよりは家族住まいに適しているエリアです。
景観は、歩道と車道の境界部に木や草壁が設置されていることが多く、自然に囲まれた景観である道が多くあります。
また、ある程度の距離ごとにコンビニエンスストアやスーパーマーケットがあるため、生活に不便は感じないでしょう。
桜ヶ丘エリアの不動産売却をおこなう際、買い手が箕面市外の方の場合は、このようなアピールポイントがあることを把握しておきましょう。

箕面市桜ヶ丘にある箕面親水公園について

桜ヶ丘エリアにある「箕面西公園/箕面川親水公園」は大変人気なスポットです。
箕面西公園は32,000㎡と敷地がかなり大きく、野球場、テニスコート、川遊びスポットがあります。
とくに人気であるのが川遊びスポットであり、休日は家族や友達で訪れている方が多いです。
川遊びスポットでは、箕面川が流れており、水浴びや魚を捕って遊ぶことができます。
川遊びスポットにおいて、スロープ・階段部は水深が浅いため、小さなお子さまと上流には生き物がたくさんいるのでカニや魚を見たい方、下流はやや水深が深いため、友達や大きいお子さんと、のように誰と行くのかで遊ぶ場所を変えられることも箕面川親水公園の特徴です。
箕面市桜ヶ丘エリアの不動産売却では、こちらの公園は強いアピールポイントになります。

桜ヶ丘エリアは第一種低層住居専用地域

箕面市桜ヶ丘は、エリアのほとんどが第一種低層住居専用地域と指定されています。
第一種低層住居専用地域とは、良好な住環境を保つために指定される用途地域であり、建築物の高さが10mまたは12mと制限されているのです。
ですので、桜ヶ丘エリアの景観は閑静であり、見通しが良い雰囲気となっています。
不動産売却時には、桜ヶ丘エリアのほとんどが第一種低層住居専用地域であることやそのメリットを伝えましょう。
第一種低層住居専用地域において伝えるべきメリットは以下のとおりです。

●周囲が低層のため日当たりが良い
●街の雰囲気が落ち着いている
●騒音が比較的少ない


これらメリットは不動産売却時にできるだけ伝えるようにしておきましょう。
また、土地の売却である場合はトラブルを避けるため、10mまたは12m以上の不動産を建築ができない旨を買い手に伝えることをおすすめします。

不動産売却には重要!箕面市桜ヶ丘のアクセス

不動産売却には重要!箕面市桜ヶ丘のアクセス

不動産売却をおこなう際にはどのようなアクセスがあり、生活後はどのようなライフスタイルになるのかを伝えていくことが必要です。
不動産売却時に自分が用いていたアクセス方法のみを説明してしまうことがあるため、ここで主なアクセスを再確認しておきましょう。

桜ヶ丘のアクセス①阪急電鉄

箕面市桜ヶ丘の最寄り駅は、阪急電鉄の箕面線「箕面駅」です。
箕面駅は箕面線の最終地点となり、大阪梅田方面から箕面線に乗るアクセスと、宝塚線「石橋阪大前駅」から箕面線に乗り換えるアクセス方法があります。
箕面駅の始発は5時13分、終電は24時16分(平日)となっており、幅広いライフスタイルに対応することが可能です。
また、1時間当たりの最大本数は7本と長時間待たずとも目的地へ向かうことができます。
電車による移動は需要が高いため、今まで電車を使っていなかった方も不動産売却前にこれら情報は確認しておきましょう。

桜ヶ丘のアクセス②路線バス

阪急銑鉄「箕面駅」からは、阪急バスとオレンジゆずるバスと2つのアクセス方法があります。
阪急バスは、以下のような乗り場を利用することが可能です。

●1番乗り場:粟生団地、間谷住宅方面
●2番のりば:千里中央、新稲方面
●3番乗り場:柴原阪大前駅(市立豊中病院前)、阪急豊中駅、庄内駅前、日出町、新大阪方面


また、箕面市内を運行する一般乗合バスであるオレンジゆずるバスは、以下の3つのルートが用意されています。

●青ルート:西部北、東部北循環
●赤ルート:中部、東部中循環
●黄ルート:西部南、東部南循環


不動産の位置によって、どのバスルートが必要であるかは変わるものです。
バスを用いるのであれば、どのルートが必要であるのかを不動産売却前に確認しておきましょう。

桜ヶ丘のアクセス③自動車

自動車でさまざまな場所にアクセスする方も非常に多いかと思います。
買い手が自動車で生活をしていこうと考えていた場合、どのような道路だと安全に運転ができるかも確認しておきましょう。

不動産売却には必須!箕面市桜ヶ丘エリアの公示地価と基準地価

不動産売却には必須!箕面市桜ヶ丘エリアの公示地価と基準地価

公示地価は、地価公示法に基づいて2名以上の不動産鑑定士が算出した土地の価値、基準価値は国土計画利用法に基づいて1名以上の不動産鑑定士が算出した土地の価値になります。
それぞれを確認することで、不動産売却時の価格設定や売却のタイミングを図ることに役立つものです。
これらを確認し、適した価格設定やベストな売却タイミングを確認してみましょう。

箕面市桜ヶ丘エリアの公示地価

箕面市の公示地価は、2022年時で地価総平均 20万6151円/㎡(全国順位77位)となっています。
前年度からの変動率は1.19%上昇となっており、これからも不動産の価値は高まっていく可能性が高いです。
過去のデータからも推移を参照してみると、2016年ごろを境に公示地価の総平均は上昇傾向にあるため、やはり不動産の価値はこれから高まっていくと考えられます。
不動産売却を効果的におこなうためには、価値の上昇が収まるまで待つことが重要です。

箕面市桜ヶ丘エリアの基準地価

箕面市の基準地価は2021年時で地価総平均22万2533円/㎡(全国順位67位)です。
前年度からの変動率は1.09%上昇となっており、基準地価からも不動産の価値はこれからも高まっていくことが考えられます。
公示地価と同様に過去のデータからも基準地価は長期間にわたる上昇傾向が見られます。
基準地価からも不動産売却を効果的におこなうためには、売却タイミングをもう少し待つことが重要です。

まとめ

本記事では箕面市桜ヶ丘周辺の街並み、アクセス、地価について解説しました。
不動産売却において本記事で解説した内容は事前に知っておくことが重要です。
不動産自体だけでなく住環境などについても必ず確認しておきましょう。
北摂エリアで不動産買取に関するお悩みの方は、私たち吹田不動産買取センターお任せください。
お客様に最大限ご満足いただけるようサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|池田市池田駅での不動産売却!特徴や地価動向をご紹介   記事一覧   離婚協議中に共有持分の売却はできる?注意点やリスクを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

處 浩之 最新記事



處 浩之

地元吹田で37年の実績があります。吹田での物件探しは是非当社で!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る