昭和ハウジングセンター株式会社 > 昭和ハウジングセンター株式会社のブログ記事一覧 > 遺産分割協議書はどのように書けばよいのでしょうか?

遺産分割協議書はどのように書けばよいのでしょうか?

≪ 前へ|相続税の申告期限までに遺産分割が終了していないときはどうすればいいでしょうか?   記事一覧   摂津市東正雀新築 工事進捗③ 4/5|次へ ≫

遺産分割協議書はどのように書けばよいのでしょうか?

カテゴリ:處 浩之

Q.遺産分割協議書はどのように書けばよいのでしょうか?



相続が始まり相続財産の分け方が決まると遺産分割協議書を作成しなければなりません。遺産分割協議書の書き方に決まりや形式はあるのでしょうか?





A.遺産分割協議書にこういった形式ではならないといったきまりはありません



遺産分割協議書に形式に対する決まりはありませんが、作成に当たって注意点があります

① 必ず相続人全員で協議を行うこと(全員が承諾していることが必要)
② 相続人全員が遺産分割協議書に署名・押印していること
③ 相続財産に不動産があった場合、住所ではなく登記簿に記載されている     
  表記にすること
④ 遺産分割協議書が複数枚になる場合は、相続人全員が実印で割り印する
  こと
⑤ 相続人全員の印鑑証明書を添付すること





相続、不動産のことは昭和ハウジングセンター
06-6382-8886








≪ 前へ|相続税の申告期限までに遺産分割が終了していないときはどうすればいいでしょうか?   記事一覧   摂津市東正雀新築 工事進捗③ 4/5|次へ ≫
  • 相続の事なら弊社まで
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    昭和ハウジングセンター株式会社
    • 〒564-0027
    • 大阪府吹田市朝日町19番16号
    • TEL/06-6382-8886
    • FAX/06-6383-3446
    • 大阪府知事 (2) 第057425号
  • 地盤.jp
  • モバイル
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る